2016年10月14日金曜日

え?除湿器じゃないの?

こんばんは、燃えPaPaです。

http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/52056500.html

20インチ(約50.8センチ)の立方体をなすコンパクトな「DG-10」は、窓ガラスや壁、グラスなど、冷えた物体の表面に空気中の水蒸気が凝固し、水滴となって付着する「結露」の現象を応用。湿度30%から100%の環境で、周囲の大気中にある水蒸気を冷やして凝固させ、1日あたり最大10ガロン(約37.8リットル)の水を生成する。

いや、まあ37リットルも空気中から水分を取り出せたらすごいですけど、
ようは、除湿器にちょっとろ過機をつけた感じですよね。
今までもいくらでもあるんじゃ。

あと、500W~800W使用て、そんだけ電気使ったら、他の手段で水生成できるんじゃ・・・
コストに見合うんですかねえ。

本当に海水も何も水分のない地域向けですかね。
てか、そんなとこ、電気もなさそうですけど。

燃えPaPa

0 件のコメント:

コメントを投稿